グッド・シェパードと、スパイ映画の世界

グッド・シェパードと、スパイ映画の世界

2006年に公開され、大きな注目を集めた「グッド・シェパード」。ロバー・ト・デニーロ監督という事で大きな注目を集めていましたが、注目を集めた理由はそれだけではありませんでした。

それはグッド・シェパードがスパイ映画という点です。

もともとアメリカ人にとって「スパイ」という存在は、日本のスパイと違って非常に身近なものであるという事情もありますので、映画を見る人からすれば決して他人事ではないという事も挙げられます。

日本人にとってスパイというと少々絵空事的な、ともするとSF的な空想映画と捉われがちですが、アメリカ人にとってのスパイは、特にソビエトとの冷戦時に暗躍した歴史もありますので、決して絵空事ではない存在なのです。

だからこそ、アメリカ人はスパイ映画が好きなのです。

グッド・シェパードと、スパイ映画の世界

Copyright(C) 2010 - グッド・シェパードと、スパイ映画の世界 - All Right Reserved.